© 2019 mokyu-to All Rights Reserved.

翻訳テロップでインバウンドにも。アニメーション動画の制作会社 モキュート

制作工程

 

『アニメーション動画』の制作工程は、大きく分けて4段階。

まずは「絵コンテ」で動画の流れを決めたのち、「ラフ案」を作ります。

 

「ラフ案」は、動画全体の長さ・場面構成・セリフをチェックして頂くためのもの。
色も音も無く「物足りない」状態ですが、

そこから完成までの過程もお楽しみください。

修正回数には制限を設けず、段階を踏んで仕上げていきます。

次工程に移ると修正が難しくなりますので、

お客様には、各段階でしっかりチェックをお願いしております。

​詳しくはFAQの「01」をご覧ください。

1.構成イメージやシナリオをご用意ください

 

大まかな場面構成やセリフなどをまとめた「シナリオ」がありましたら、ぜひご用意ください。
文章でもイラストでも、書式は自由です。
PRポイントやキャラクター設定など、情報が多いほどイメージに近いものに仕上がります。

詳細が決まっていない場合はこちらより案をお出しします。
CM動画など、秒数に制限のある場合も事前にお聞かせください。

縦横比(アスペクト比)・画面サイズをお聞かせください

 

縦横比(アスペクト比)は、正方形に近い「4:3」か横長の「16:9」が主流です。
現代ではパソコン向けYouTubeをはじめ「16:9」のものも多いです。
ですが「デジタル看板(サイネージ)」や「施設独自の配信機器」の場合、機器に応じて、縦横比が指定される場合もあるようです。

制作に入る前に、縦横比(アスペクト比)・画面サイズをお聞かせください。
特に縦横比(アスペクト比)は途中で変更となりますと、費用とお時間を頂くことになります。

特にご指定の無い場合は、下記にてお作りいたします。
縦横比(アスペクト比)_16:9
画面サイズ_1280×720

2.「絵コンテ」を作ります

 

動画の流れを図にした「絵コンテ」を作ります。マンガのような形式です。
全体の構成を確認して頂くものなので、絵はざっくりとしています。
この段階でしっかり内容を固め、イメージの相違を防ぎます。

内容変更や追加はこの段階でお聞かせください。次工程に移ると変更が難しくなります。

3.「ラフ案」を作ります

 

「絵コンテ」の内容を動画にした「ラフ案」を作ります。

一部のみ着色&BGMを入れ、全体の雰囲気を確認して頂きます。
絵も荒く色も音も無い状態で心配になってしまいそうですが、この先綺麗に生まれ変わりますのでご安心ください。

内容の追加・絵のタッチや動画尺の調整は、この段階でお聞かせください。

次工程に移ると変更が難しくなります。

 

細部までカラーで描かれBGMまで入ると、びっくりするほどステキに変身していきます。

BGMは『音』の専門スタッフが担当。

専門家ならではのテクニックで、細かいご要望にもお応えしています。


情報を頂いてから完成までは、平均2ヶ月。 
動画の長さや修正回数等によって、大きく前後します。

清書後は最終確認をお願いいたします。

万が一、イメージ相違やミスがあった際は計1回の修正を挟み、完成となります。

4.いよいよ清書!